MY ROOM



私が今働いている、または私が過去働いていた
カジノをご紹介するMy Room です。
このページで紹介するカジノなら、基本安心して遊んで頂けます!
(脳内イメージ)


PlayAmo Casino - 2016年設立の割と新しいオンラインカジノです。オーナーはポーカーで名を売った30代素敵男性、スタッフもだいたい皆若く、でも経験豊富な新鋭揃い、テキパキさん達チームで運営されています。ライセンスはキュラソー、オフィスはキプロス、ラトビア、ドイツといくつかに分かれています。とにかくゲーム数が多い、ペイメントの種類が多い、日本円使える、そして
サポートが全員抜群に美人(私ではない)
日本人のプレーヤーさんにはまだまだ馴染みがないブランドですが、優秀なスタッフと、抜群の使いやすさで人気が出るのは時間の問題です。私の立ち位置はというと、日本のお客様へのご奉仕と、その他マーケティングも担当します。なんでも屋です。



22Bet - こちらはスポーツブックで海外マーケットをご存知なら知っているかも?1xBETという会社のシステムを採用しているスポーツブックです。スポーツの種類の多さはもちろんの事、カジノとしての機能も網羅しています。こちらは現在日本向けに準備を進めていますが、もうすぐご案内もできると思います。お楽しみに!コロナでスポーツへ賭けられるバラエティは少なめだけど、お楽しみに!





LuckyNiki - 2019年3月から1年間、LuckyNikiでVIPマネジャをしていました。VIPのプレーヤーさんならご存知の方もいるかもしれませんね!日本向けに作られたカジノ(ヨーロッパもやってますけど)アニメのデザインが目をひく、ラッキーニッキーはテンプレなんて使わない丁寧なサポートと、大盤振る舞いのボーナスが魅力のカジノです。



Jackpotcityとその仲間達 - 2010年から9年間、このカジノグループで働いていました。一番の古巣、今でも会社とは良い関係を保っています。ロンドン、南アフリカ、その他チャンネルアイランドやスペイン、アメリカにもオフィスを構える、業界トップの巨大企業です。チャリティや福祉、環境問題にも本気で取り組む、「企業とはこうあるべき」という信念をしっかりもった会社です。カジノブランドは現在16、その他関連の会社も含めて従業員は3000人を超えます。イギリスで有名なBetwayも実は同系列の家族企業です。現在も日本人スタッフは数人、南アフリカのオフィスで勤務しています。





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。